相互リンクによる被リンクは同じ種類・類似コンテンツのサイトから

無料で被リンクを得る代表的な方法として相互リンクがあげられます。

今の質がよい被リンクが求められる前、どんな被リンクでもとにかく本数が多ければ多いほどリンクすれば効果があがった時代には、大量のメールによる相互リンクのお願い申請、自動ツールなどによって相互リンクが大流行し、多くのサイトでリンク集がいくつもサイトの下位ページにつくられていました。

しかし、グーグルの大きなアルゴリズム変更、俗にいうペンギンアップデートによってこれらの不自然で質の低いリンクをかなりの本数獲得していたサイトは軒並みペナルティをうけて沈んでいきました。

しかしだからといって今の時代、相互リンクに意味がない、効果がないという訳ではありません。

グーグルが推奨するような、つまり質の高いドメイン・コンテンツを要するサイトとの相互リンクは大いに価値のある被リンクなのは変わりません。

この質の高さに関係してくるのが、そのリンクしたサイトとのコンテンツの関連性です。韓国ドラマのサイトならドラマ韓国関連サイトと、料理に関するサイトなら、キッチン用品や料理に関するサイトからと、サイトのコンテンツと類似する内容のサイトからの被リンクは効果が高いです。

また、その際そのサイトがオーソリティ(ドメイン・コンテンツの強さ、コンテンツ・ボリューム・サイトの構造・リンクの状況)が高ければなお効果はあがります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ