スパムリンクによるネガティブSEOは特に気にする必要は無い

Googleの検索エンジンアルゴリズムは被リンクを最も重要な主要評価項目と考えており、
被リンクの質と量はサイトの検索順位に大きく影響を与えます。
被リンクの影響はもちろんプラスにもマイナスの両方に作用します。

通常のSEO対策では質よい被リンクを獲得・付けることによりサイトにプラスの評価を与え、順位アップを目論みますが、それとは反対にライバルサイトにマイナスの評価を与え順位ダウンを目論みる「ネガティブSEO」という手法が存在すると言われています。

ネガティブSEOは、不正な手段を使い(スパムリンク)を使い他サイトの順位を蹴落とす企みです。

しかしこのネガティブSEO、グーグルの担当者から公式に否定がされています。

ただ、グーグルが肯定・否定することは真に受けてはいけないもの。
これは半分は本当でしょうが、半分は嘘です。

ネガティブSEOは存在するでしょう。
ただしリスキーな行為ですし、それを行おうとしたり・自サイトがされる危険性を考えるのは時間の無駄です。

なぜなら被リンクは基本的にプラスに作用する物で、下げようとスパムリンクを付けても
サイトのコンテンツ・ボリューム・被リンク質が高くサイトの体力がある場合は、
ネガティブSEOは効果がでずに失敗に終わってしまう可能性が高いからです。

そして今後、リンクの否認ツールがさらに進化するでしょうから、
不正なドメイン・リンクは拒否することもできます。

またライバルサイトを飛ばすためのスパムリンクの用意には、かなりの手間と費用がかかります。
ネガティブSEOは成功するかどうかわからず相手に塩送る行為になるリスクがある施策です。
こんなリスキーな行為を行うくらいなら自サイトを強化する方がよいのではないでしょうか?

ただ、問題は立ち上げたばかり・小規模のサイト、特にナチュラルなリンクを集めにくい
アフィリエイトサイトはサイトの体力・器が小さく、ネガティブSEOをかけられた場合ペナルティをくらわさせられる確率は高くなると思います。

自衛するために、あまり質の低いリンクを大量に自演でつけない、
サイトのコンテンツボリュームを増やす等の施策が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ