サイドバー(サテライトサイト)からの被リンクに注意

サテライトサイトを複数立ち上げて、
メインサイトへの被リンク・バックリンクを付ける手法は
現在のSEO外部対策において非常に有効な手段になります。

特に関連性が高く・すでに被リンクをうけている良質な中古ドメインによってつくられたサテライトサイトからの被リンクは、費用や手間がかかる分その効果は絶大です。

ビッグキーワードにて検索上位に表示されているサイトの被リンクを
分析してみますと、多くのサイトでこの手法が用いられています。

しかし、この大変強力な手法はやり方を間違えるとサイトが飛ぶ
(検索結果が下落、圏外になる)可能性が非常に高くなるので
注意が必要です。

サテライトサイトから被リンクを付ける際、推奨できないやり方は、
サイドバーにリンクを設置する方法です。

サイドバーにリンクを設置しますとサイトにあるすべてのページから
被リンクをする形になり、仮にサテライトサイトのページ数が30ページだとすると30本の被リンクが、200ページなら200本、1000ページなら1000本つきます。

「被リンクの数が多ければ多いほど効果はあるんだからいいんじゃないの?」という、質問に対する答えは確かにYESです。

ただ、この場合、大量のリンクは一つのドメインからついていますので、
グーグルのアルゴリズムからするとそこまで加点要素ではなく、
それよりもたくさんのドメインから被リンクを受けることが重要です。

また注意すべきポイントは、
サイドバーからの被リンクはtopページに1本リンクつける場合と比べて効果はやや大きいが、それに対してペナルティを受けるリスクが格段に上がる事です。

ペナルティを受けるリスクが上がるのは、これはおそらく、
サイドバーからの被リンクでは大量の同一アンカーテキストによるリンクになってしまうので、アンカーテキストに大きな偏りが出ることから、不自然なリンクとみられる可能性が高くなるからです。

その点を考慮すると、サイドバーからの被リンクは
本数によるメリットよりもデメリット・リスクのほうが大きいので、
ご自身でサテライトサイトを立ち上げた場合にはNoというのが、
被リンクに取り組んできた弊社の実感になります。

特に複数サテライトサイトを立ち上げた際は、同一時期にサイドバーから
リンクをつけますと、サイトの許容量(サイトのページ数、ドメインの強さ・オーソリティ、被リンク状況)が小さい場合、ペナルティを受け安いので気を付けたほうよいです。

サテライトサイトからのリンクはTOPページか下位ページからのリンクをお勧めします。

*注1 必ずしもサイドバーからの被リンクが悪いわけではありません。
自作自演でサテライトサイトからリンクをする際は、あえてサイドバーからリンクをしてリスクを犯す必要はない、というのが弊社の考えになります。

*注2  中小検索エンジン、ディレクトリサイトのなかには大量ページからリンク付けをするものがあります。ですので、登録する際は少数精鋭で慎重に選ぶ必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ