被リンクで重要な要素の一つにアンカーテキストがあります。

アンカーテキストはリンクをするときの文字列です。

被リンクにおいて、アンカーテキストは、
リンク先のサイトがどのような内容なのか短い文章で端的に紹介するものである、
と言うことができると思います。

例えば自動車保険のサイトにたいしてリンクをする場合、
当然「初めての自動車保険なら○○」などと紹介すると思います。

ですから多くのサイト・ページ・ドメインから、あるキーワードにて
多くのアンカーテキストが張られていると、そのサイトはそのキーワードでの
評価が高いものとしてグーグルは考えるのです。

つまり上位表示を狙うキーワードで多くの被リンクをされることが、
キーワーで検索結果を上げることにつながります。

サイト内容とアンカーテキストの関連について

あるサイトにどのようなアンカーテキストでリンクをされているか分析することによって
サイトが外から見てどのように評価・認識されているか評価することができます。

これは上記で説明したように、
アンカーテキストがリンク先を説明・紹介するシステムであると考え、
被リンクのアンカーテキストを分析することで、
検索したキーワードとサイトの関連・適合度を評価するアルゴリズムになります。

この評価をする指標のことをアンカーテキスト連関と言います。

アンカーテキスト連関はgoogleによりますと
「検索に用いられたキーワードとページ内のテキスト及び、
そのサイトの被リンクアンカーテキストと一致するページのみを検索結果に表示する」
と説明されています。

被リンクのアンカーテキストをサイト内容と関連付ける

上記のことから、被リンクの効果を上げるためには
アンカーテキストの文字とリンク先のページの内容が関連していることが重要になります。

しかし、かつてのように、狙ったキーワードのみのアンカーテキストは、
効果が高いのですが、あまり付けすぎますと偏ってしまいますので気をつけて下さい。

望ましくないアンカーテキストの例

効果が減ってしまうアンカーテキストの付け方ですは
「こちらへ」「このサイト」と、リンク先の内容を具体的に表してない物です。

またこのアンカーテキストは、検索エンジン対策はもちろん、ユーザーにとっても
よくありません。ユーザーはリンク先のサイトが何かわからないですからね。

リンクのアンカーテキストは、サイト先に飛ばなくてもリンク先の情報がなんであるか、
認識することができるようキーワードを入れるよう施策して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ