日本語ドメインは「依然」として強いのが実情

とあるキーワードを検索してみると日本語ドメインが上位表示されるをよく目にします。
たとえば「年金保険.com」「看護師転職.com」のようなものです。

やはり日本語が、それも検索でかけた言葉がドメインに入っていますと、
そのサイトが一目で何のサイトか認識・理解する事ができますし、
なにより目立ちますのでちょっとクリックしたくなってしまいます。

 

日本語ドメインは依然評価が高い
日本語ドメインは今は高く評価されているけどいずれその履かせた貰った下駄も脱がされる
というのがもっぱら噂になっていましたが、昔ほどの頭抜けた高評価ではないにしろ、
依然として高い評価が与えられているのも事実です。

サイトのタイトルとドメインに、検索上位を狙いたいキーワードが入っているものは、
サイト立ち上げ時からロケットスタートをしたかのごとく順位を押しあげられています。

 

以前は日本語ドメインであれば立ち上げてすぐに1ページに食い込むなんていう現象がおき、
日本語ドメインによるアフィリエイトサイトが乱立しました。

 

これにはグーグルもおかしいと、検索アルゴリズムを修正したようですが。

そしてこれから日本語ドメインに対してグーグルがどう修正してくるかは気になるところですが、
下がる事はあっても、今よりも高く評価されることは無いと思います。

 

じゃあ結局日本語ドメインがいいの?どうすればいいの?
と思ったみなさん、あまり情報に振り回されないで、どちらでもいいというのが弊社の答えです。
しっかりと正攻法にコンテンツを作成し、ナチュラル・人工被リンクを獲得する事に
猛進される事が大事なのでは無いでしょうか?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ