被リンクサービス商店のサービス

人気御礼につき、2013年3/14にサービス改定
(これ以前に申し込まれた方は以前の内容になります)

施策プラン

プランは3つ(数字は本数になります)、事務手数料込みの値段になります。
無料ブログ2 ・オールドドメイン2・+α5  4,600円
無料ブログ3・オールドドメイン4・+α5   6,500円
無料ブログ10・オールドドメイン4・+α5  9,600円

4〜6週間とゆっくりかけてリンク致します。

 

サービスの特徴

・初回費用のみ。成功報酬・継続課金なし
・被リンクに効果が高いとされている「古い独自ドメイン」を用いています。
・指定キーワードに関連する記事を作成

記事タイトル・文章にお客様が望むキーワードを入れて、
オリジナルの記事を作成します。その記事中から被リンクいたします。
ブログ記事は400文字程度で、1記事から1リンク

被リンクサービス商店のサービス内容

・IP分散100%
・ドメイン分散100%(最も重要)
・中古ドメインのページランクは1〜2
・費用は1回払いのみ
・1記事1リンク
・記事内容はキーワードを元に関連性の高いオリジナル記事400字以上
・付けた被リンクは無料ブログは半永久的に
・独自ドメインはサーバー解約まで続きます。
・被リンク元のブログURLを提出
・秘密のリンク5本

 

免責事項

・リンク完了して一覧を提出したあとにブログサービスの終了や
アカウント削除の場合でも補填等の補償はしません。
・あくまでも被リンクという形でブログでご紹介するサービスであり、
被リンクを付けた後の状況(順位やアクセス数の変化等)については
一切保証いたしませんのでご理解の上お申し込みください。
・サイト情報の第三者への公開は禁止致します。

 

被リンクサービスの必要性

「人工的な被リンクによるSEO対策の時代は終わった。
これからはコンテンツSEO、ソーシャルによるリンクだ」

と上記のような意見が、グーグルにおける検索エンジンのアルゴリズム変化(ペンギンアップデート)
以後、良く目にするようになりました。

このような意見を聞くたびにいつも思うのは
「全部の施策を行えば良いのにな…」と言うことです。

そうです。どの対策も重要なのは間違い有りません。
これだけやればいいとか、そんな単純な事では無いと思うのです。

ただ、その業界の流行で新しい仕事を産むために

確かに検索エンジンへの対策、SEO対策は非常に難しいものになってきました。

最近導入された検索エンジンの評価アルゴリズムの変更、
パンダアップデート(重複コンテンツの評価ダウン)
ペンギンアップデート(質の低い外部リンク評価ダウン)により、
今まで上位表示されていたサイトが順位を落としているのは事実です。

これは自動登録ツールを使ったyomiサーチや自動増殖ツールやサービスによる
相互リンクの「過剰な登録」など、以前では有効であった、質が悪かろうがとにかく
被リンク数が多ければ上位表示できた時代の手法が通用しなくなっていることを意味します。

Googleなど検索エンジンのサイト評価アルゴリズムは日々進化しているのです。

では被リンク・外部リンクは重要ではなくなったのでしょうか?

答えはNOです。むしろこれらのアルゴリズムの変更はGoogleが

被リンク・外部リンクをサイト・ホームページを評価する重要な指標の柱であると
考ている確たる証拠になるのです。

重要な指標であるからこそ、厳しく精査するような評価方法を
検索エンジン側は確立しようと躍起になっているのです。

厳しい評価によって優れたサイトが上位表示される、結果それが
検索をする私たち利用者ためになる、ということです。

このためこれからの時代なのは以前にもまして「質」です。
サイト外部リンク・被リンクの外部要因とコンテンツの内部要因の
両輪のバランスが大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ